ウーパの手習い

Unity,Blender,SubstanceDesigner&Painter,ZBrush,WindowsMRを手にした状態。ATL広尾の客員研究員に登録して、いろんな機材を堪能中!

Generate Lightmap UVs で綺麗になるか?

Unity上のオブジェクトのGenerate Lightmap UVs をチェックすることで、見た目が綺麗になるかを検証。

1枚の画像の中に2脚の同じ椅子がありますが、以下の事情があって実は違うFBXモデルです。
左側がBlenderのモディファイアを全部適応させた後でFBXエクスポートしたモデル。右側がミラーや厚みやサブディビジョンサーフェス等のモディファイアの状態のままFBXエクスポートしたモデル。

f:id:uuupacom:20180303004315p:plain

Generate Lightmap UVs をチェックせずにライトをベイクした椅子

f:id:uuupacom:20180303004335p:plain

Generate Lightmap UVs をチェックしてライトをベイクした椅子

ヘッドレストの下部の量端あたりを見ると、ややライトマップUVにチェックをした方がきれいですね。

Sceneウィンドウ左上(Shadedと書かれている部分)をBaked Lightmapに切り替えると比較しやすくなります。

f:id:uuupacom:20180303004402p:plain

オフの状態

f:id:uuupacom:20180303004416p:plain

オンにした状態

ということでベイク対称となるStaticなオブジェクトはGenerate Lightmap UVsにチェックをしてApplyしておいた方が、ベイクが綺麗に焼けることが多いかと思います。

ちなみに、ベイクした後にGenerate Lightmap UVsのON/OFFを変更したあと、ベイクをし忘れると下図のように汚くなりますので注意。再度ベイクし直そう。

f:id:uuupacom:20180303005529p:plain